ネットオークションとは?

インターネット上で行われるオークション

インターネットを経由して、出品されている商品の中から、気に入った品物を自分の指定した金額で入札することができるネットオークション。
 
あらかじめ決められた期間において、最終的にもっとも高い金額をつけた利用者がその商品を落札・購入することができます。
出品もインターネットを利用して比較的簡単にできるため、新しいカタチのフリーマーケットとして多くの人に利用されるようになってきました。
 
大手ネットオークションサイトには下記のようなものがありますが、出品数・利用者数ともにヤフー株式会社が運営する「ヤフオク!」(旧Yahoo!オークション)が圧倒的シェアを誇っています。
 

  • ヤフオク!…ヤフーが運営し、出店者・利用者数・アクセス数ともに国内最大手。
  • 楽天オークション…規模では2位だが、ショッピングモール最大手楽天が運営。
  • モバオク…名前の通り、当初は携帯電話専用で運営されていたオークションサイト。
  • Fril…フリマアプリの元祖的存在。女性をターゲットにした展開。
  • LINE MALL…LINEが提供する個人間売買が可能なアプリ。

厳密にはネットオークションサイトと、3つのフリマアプリは異なりますが今後利用者が増加する可能性が高く、ネットオークションサイトと比較していただけるよう掲載しています。

出品から落札までネットオークションのおおまかな流れ

1.商品の決定
出品する商品を決めよう。
2.撮影
商品の画像を撮影しよう。
3.説明文の作成
商品の説明を載せよう。
4.出品!
いざ!出品しよう。
5.落札!
お見事!落札、出品終了。
6.落札者に連絡
落札してくれた方に連絡をしよう。
7.商品発送
入金が確認できたら、商品を発送しよう。
8.取引完了!
商品が無事に到着したら、評価をもらおう。評価を返したらオークション取引完了!

初心者向け!ネットオークション出品のための「5つの心得」

1.買う側の立場に立って品定めをして出品しましょう

まずは「どうしたら入札してもらえるか?」と考えれば、買う側の立場に立って考えることが第一です。商品の状態を正しく伝える・スピーディーな対応を心がけるなど、買う側の立場だったら、入札しやすい商品とは?と常に考えながら出品しましょう。

2.商品の状態を詳しく記述しましょう

高く売りたい、という気持ちから、ついついいいことばかり書いてしまいがちですが、それでは落札されません。出品する際に製品のキズや汚れをしっかり書いておいたほうが信頼を得ることができ、入札・落札につながります。

3.儲けたい、なら儲けようとは思わないこと

ヤフオクなど大手オークションサイトの利用者はたくさんいますが、その商品に今興味がある人はそのすべての人とは限りません。また、落札相場を検索できる便利なサイトもたくさんありますので参考にしてみるといいでしょう。

4.出品中や落札後の質問には丁寧かつ正確に答える

出品中入札を検討されている方から質問が入ることがあります。また落札者とのやり取りで質問されることもありますが、いずれの場合も丁寧かつ正確に答えましょう。「~だろう」と本当はわからないことを答えてしまうのはトラブルの原因となりますので、注意しましょう。

5.出品するタイミングに注意する

例えば夏服を秋になったから売りたい、と思う方は多いですが買いたい方はいるでしょうか?
買う側の立場に立って考えればわかることですが、タイミングがちょっと違うだけで落札価格も異なってきます。

ネットオークション出品のメリット・デメリット

ネットオークション出品のメリット

・住む場所にかかわらず、販売・商売ができる。
・電化製品や衣類など、身近にあるさまざまな不用品を手軽にリサイクルできる。
・リサイクルショップより比較的高価で売却できる。

ネットオークション出品のデメリット

・相手の顔が見えないことで多少の不安がある→過去の実績やプロフィールを確認しましょう。
・商品を実際に見ないまま取引が進む→製品のキズや汚れは事前に伝えるのが原則です。
・送料がかかる→出品物によって適した配送方法があるので確認しましょう。